« hayabusa ベルリンガーマスター | トップページ | 三色ど~ん! »

2011年1月 6日 (木)

ベルリンガークラッチマスター1年後の真実

昨年CBに取り付けたベルリンガーのクラッチマスター
だが、下記リンクのような結果になり、その後も騙し騙し
使っていました。
しかし、車両乗り換えに伴い取り外した際、今までは
まったく気が付かなかった違和感を感じた。

09/08/05ベルリンガークラッチマスター不具合結果

.

あまり詳しくは書けないが、

早速取り付け直後の写真を探して見比べてみると、
やはり取り付け時からその状態になっている。

購入店に話をしても仕方が無いので(したくも無いし)
輸入元のデビルテクニカに写真も添付して問い合わせ。

結果、ほぼ間違いなく一連の不具合はそれが原因
あろうとの回答。

責任を持って修理させてもらうと言って頂き、速攻マス
ターを送るが、その後のやり取りの中で隼にはひとつ
上のサイズであるCR14じゃないとクラッチが切れなく
なると言うことだった。

が、今回の諸々の件を考慮して下さり “アレをこうして
コレをそうして、あとはゴニョゴニョ” で手元に新品の
CR14が届きました。(o^-^o)

私が送ったCR12はベルリンガー社とのミーティングで
完成検査の徹底要求の為に使用するそうです。

よく、不具合が出た際に、販売店が親身になってくれ
てもメーカーで蹴られるって見聞きしますが、今回の
デビルテクニカさんはこちらの話をよく聞いて下さり、
なんとか気持ちよく長い期間使ってもらいたいという
心遣いがビンビン伝わってきました。

クラッチの握りの軽さが良く話題になりますが、それも
まともに使える商品であってこそで、純正でさえ十数ミリ
引き込めばスパッとシフトチェンジ出来るのだから、それ
さえも出来ないものであれば何のエクスキューズも通用
しないよね。

裁判云々言ってた「アホ」がいたけど、やってもらえば良
かったよ。(爆)

もう購入・取付け店のことは、どうのこうの話したくも
ありませんでしたが、デビルテクニカに対してお礼も
込めて記事にさせて頂きました。

デビルテクニカ担当者様、
たいへんお世話になりました。 
これからも気持ち良く使わせて頂きます! m(__)m

ありがとうございました。

|

« hayabusa ベルリンガーマスター | トップページ | 三色ど~ん! »

hayabusa ・ カスタム」カテゴリの記事

バイク ・ カスタム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167108/37039797

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリンガークラッチマスター1年後の真実:

« hayabusa ベルリンガーマスター | トップページ | 三色ど~ん! »