« ’11シーズン冷感グッズ | トップページ | iMac MC814J/A »

2011年8月23日 (火)

ペットロス

8月22日(月)明け方

我が家のゴールデンレトリバーが

亡くなりました。

享年12歳

Dsc_0136

.

今月に入ってから少しずつ食欲が低下して
きていた。
もともと暑さに弱い犬種なので、毎年暑い
盛りは同じように食が細くなっていた。

しかし、今年はオヤツのジャーキーぐらい
しか興味を示さない。。。
この暑さじゃ仕方ないかな~と、よしずや
タ―プで日陰を作って回復を待っていたの
ですが、お盆の13日、今日も暑くなりそう
だからと、朝早く墓に仏さんを迎えに行き、
9時ごろ家に戻ると、犬が立ち上がれない
と、奥さんが大騒ぎしていた。

熱中症かと、氷で体を冷やし診察して
もらえる動物病院を探すと、すぐ近くの
設備が整った病院は休まずやっている
とのことで、すぐにお願いした。
(じつはこの病院、設備が整っているがゆえ
に、検査検査で請求額が半端じゃないと、
近所のおばさま方から噂を聞いていた。)

今はそんなことを言ってる場合じゃない

血液検査の結果、白血球が上限の4倍
以上の4万越え。。。

肺・腹部のレントゲン、子宮のエコーを
診るが原因が特定できない。

背中の反射の様子から、脊椎軟化症か
髄膜炎の可能性も捨てきれないとのこと。

両方ともMRIにかけなければ判断できず、
川崎まで行かなければならない。

しかも、脊椎軟化症であれば原因が分かっ
ても、発症から7~10日で絶命してしまう
らしいのである。

とにかく対処療法ということで、抗生剤と
ビタミン剤の注射・点滴をしてもらった。

この治療を3日間続けたところ、最初に
連れてきた時はマットに包んで来たのに、
小走りが出来るまでに回復。

やっと一安心と思っていたのに、17日の朝
また立ち上がれなくなった。。。

この日から仕事が始まっていたが、合間に
抜けだし病院に連れて行くも、熱が41度
まで上がっていた。
また同じ治療と解熱剤を投与。
翌日・翌々日と早い時間に受付していただき
同じ治療+ステロイドを投与。

食事を少しでも食べてくれるようになった
ので、飲み薬を処方され3日間様子をみる
ことなった。

しかし、缶詰やらささみなど、あらゆるものを
揃えたのだが、食べてくれるものが2回と
続かない。
手を変え品を変え、この際薬を誤魔化せる
のならばと、今まで全く食べさせることが
無かった人間用のお菓子なども織り交ぜた。

入院の打診もあったが、なんとか家族で
頭を撫でてやりながら見守りたい。

お盆明けから昼間は職場に連れて行き、
夜は玄関で様子を見る。

週末涼しくなったので、少しは楽になるか
と予想していたが、22日月曜日の明け方
5:00に気が付いた時には息絶えていた。


ひとりで逝きやがって


前の晩に、トイレに連れて行った際も、
弱弱しい歩だがアッチこっちと歩き回って
いたのに。。。

私の休み前日に亡くなるなんて、最後まで
手のかからない飼い主思いの奴だな~

おかげでゆっくり送ることが出来たよ。

元気な時に、もっとやってあげられること
あったよな~

フリスビードッグを目指そうと、毎朝早起き
して公園に通っていたのが遠い昔に感じる。

オマエよりも、こっちが先に音を上げたん
だったね。

最高の出逢いと思い出をありがとう。

でも、今は後悔しか残っていないよ。

全てにおいて、飼い主失格だったよな~

ゴメン 安らかに。



もう二度と生き物は飼えないよ。。。

Dvc00006

|

« ’11シーズン冷感グッズ | トップページ | iMac MC814J/A »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167108/41312694

この記事へのトラックバック一覧です: ペットロス:

« ’11シーズン冷感グッズ | トップページ | iMac MC814J/A »